個人的な質問(プライベートは無理です笑)や削除依頼等、何かコンタクトを取る必要がある時はメッセージ機能をお使いください。 前・大阪をうろつく社会人投資家のブログ(2007.6/25〜2010.4/3当時) ブログ移転しました⇒Weblog From Furu 1984

2011年12月29日

金を売れ?


chart.gif
ユロドルが1.3をサクッと割れて欧米のマーケットは少し調整だった様子。
ネタはイタリアなのかどうか分からないけど...

〜〜28日のニューヨーク外為市場では、ドル・円は、77円56銭まで下落後、78円04銭へ
反発し77円95銭で引けた。米財務省が外国為替報告書で日本政府・日本銀行の単独の為替介入を批判したことを受けて円売り介入警戒感が後退し円買いが優勢となったあと、対欧州通貨でのドル高の流れを受けて反発。
ユーロ・ドルは1.3075ドルから1.2912ドルへ下落し1.2939ドルで引けた。
イタリア政府が28日実施した短期国債入札の成功を好感して上昇後、市中銀行による欧州中央銀行(ECB)への預金残高が過去最高に達したことが“依然市場が逼迫している証拠”ととらえられユーロ売りが加速。 〜〜
なんだそう。
そういやどっかでイタリアは実は債務に対して結構な金の保有国なのでそれを売れば大丈夫とかいう記事を見たっけ。
ヒットしてでてきたブログ記事にもあったので拝借
http://f-blog.jp/kojiro/index.php
イタリアが保有する金の市場価値は1230億ドル――今年の財政赤字800億ドルを補てんして余りある額だ。ポルトガルが保有する金の価値は190億ドルで、これも130億ドルの赤字を上回っている。フランスも保有する1220億ドル分の金を売却すれば、1500億ドルという膨大な赤字を大幅に縮小できるのだ。


「29日にイタリア政府が実施する50-80億ユーロ規模の3、9、10年物国債入札結果」の前にある何らかの思惑なのか、何が原因とは分かりませんが、浮かれた願望を持ってる大納会・大発会に対して少し落ち着いて考えることにします。。
東電株がどうとか気にしてるのってどれくらいの割合なんやろうか。



posted by F at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 サラリーマン投資家
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。